ミュゼ vs 銀座カラー(全身脱毛:返金システムの違い)

家庭用脱毛器イーモリジュ

lds6020-s.jpgエステティックサロンで光脱毛をすると、個人差はありますが非常に高い効果も期待できますし、肌のへの影響も少なくて済みます。

ですが、その反面、費用がかさんでしまうという点があります。

エステでの脱毛は1回だけでは納得のいく成果が出ないと言われており、最低でも4~6回程度は通わないといけません。

そのため、施術範囲にもよりますが、たとえワキだけ、背中だけ、お腹だけ、Vラインだけというように、ある1部位だけをおこなったとしても1~3万円程度はかかりますし、エステサロンに通う交通費もかかってしまいます。

そのため費用と時間に余裕のある人はいいのですが、なかなか全身をたくさんのパーツを脱毛したいという場合には、それだけのお金をかけられないという人が多いようです。

そんな人は家庭用脱毛器イーモリジュがいいかもしれません。

イーモリジュは前からある家庭用脱毛器イーモの新型のタイプで、あらゆる点でイーモの性能を上回っているのです。

イーモリジュの特徴として、肌へ与える刺激が少ないという事が言えます。

脱毛器というのは強い光を当てますので、少なからず肌へ与える刺激は強く、場合によってはやけどや炎症を起こしてしまう事もあります。

イーモリジュは、日本初となるトリプルショット機能により、光を3つに分散させて連続照射しますので、派手へ与える刺激を最小限におさえることができます。

また、照射レベルが10段階に分かれているため、肌の状態に合わせて出力を変えることができるのです。

それだけでなく日本人の肌に適した高品質フィルターを使用しているため、肌への負担を少なくすることができるのです。

このイーモリジュは脱毛器としてだけでなく、美顔器としても使用できるので、美肌を作りあげることができるのもメリットと言えます。

脱毛器の欠点として、照射した後次の照射をするまでのチャージ時間が長く、イライラしてしまうというところもありますが、イーモリジュはイーモ(10秒チャージ)よりも早い3~8秒でスピードチャージできるようになっています。

イーモリジュさえあればエステに行く必要がない、と思われる人もいますが、実際は背中などは自分では出来ませんし、デリケート部分や毛が濃い部分を肌へ刺激を与えずに照射するというのは、なかなか難しいとも言われています。

ですので、照射しにくい部分や皮膚が傷みやすい部分、気になる部分だけをエステで綺麗に施術してもらい、自分でも簡単にできるところや皮膚が強い部分などはイーモリジュでおこなうなど、用途に応じて使い分けても良さそうですね。

脱毛器



Topics

脱毛ラボは、前日からのキャンセルは、キャンセル料1,000円が発生します。 せっかく毎月の出費を抑え・・・脱毛ラボは前日と当日のキャンセルはペナルティがあります

Copyright (C) 2010 ミュゼ vs 銀座カラー(全身脱毛:返金システムの違い). All Rights Reserved.