第14回アニメーション神戸

第14回アニメーション神戸賞
受賞者・受賞作品

 “anime”として世界的に評価が高い国内の商用アニメーションについて、優れた作品やクリエーター、また長年にわたってアニメーション業界に貢献した方などを表彰する「アニメーション神戸賞」各賞の受賞者・受賞作品を決定しました。

第14回アニメーション神戸賞
受賞者・受賞作品

◇個人賞

加藤 久仁生(監督)

◇特別賞

雪室 俊一(脚本家)

◇作品賞・劇場部門

ウォーリー

◇作品賞・テレビ部門

東のエデン

◇作品賞・ネットワーク部門

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろーん☆ちゅるやさん

◇主題歌賞

Don't say “lazy”(歌:桜高軽音部)

 

審査委員会(敬称略・順不同)

【委員長】

松下 俊也 ((株)徳間書店 アニメージュ編集部 編集長)

【委 員】

中路 靖 ((株)学習研究社 エンタテインメント出版事業部
アニメ・エンタメ編集室 室長 兼 アニメディア編集長)
福岡 俊弘 ((株)アスキー・メディアワークス 第7編集部
部長 週刊アスキー総編集長)
矢野 健二 ((株)角川書店 メディア局 局次長)
竹田 尚弘 (神戸市 企画調整局 情報化推進部長)
第14回アニメーション神戸審査委員会は、上記審査委員会メンバーの出席のもと、平成21年6月23日(火)14:00から、東京都内で実施し、受賞者及び受賞作品を選出しました。

 

◆審査委員会の総評◆

審査委員長
「アニメージュ」編集長/松下 俊也

 アニメーション神戸は、14回目にして画期的な選択をしました。作品賞に、初めて海外の作品を選出したのです。『ウォーリー(WALL・E )』を劇場部門の作品賞に推すべきかどうかについては、審査委員一同、頭を悩ませました。焦点となったのは「アニメーション文化とデジタル技術の融合を通じて…(中略)…産業の振興・集積を図る」というアニメーション神戸の趣旨に対する解釈です。後段の「産業振興」に力点を置くなら、海外作品への授賞は趣旨から逸れることになります。しかし、前段の「アニメーション文化とデジタル技術の融合」に関しては、『ウォーリー』はまさにその結晶のような作品です。議論が膠着状態に陥ったとき、ふと気づきました。そもそも『ウォーリー』は今回の対象作品として立派にノミネートされているではないですか。であるならば、むしろ前段の適合性の高さからも積極的に推すべきであろう、という結論に至りました。
 ほかにも、オスカー作品『つみきのいえ』の加藤久仁生監督が個人賞を受賞していますし、今年はいつになくワールドワイドなラインナップになっています。「地方」と「世界」がダイレクトに結びつくネット時代の空気を、自然に反映した結果と言えるかもしれません。

アニメーション神戸賞・個人賞
「加藤 久仁生」(監督)

◆プロフィール◆

 1977年、鹿児島市生まれ。
 多摩美術大学在学中からアニメーションの自主制作を始める。同大学卒業後、2001年にロボットに入社。
 『或る旅人の日記』をはじめ数々のWebアニメ、CM、TV番組等を手がける。 『つみきのいえ』が2009年アカデミー賞・短編アニメーション賞を受賞。また同作を新たに描きおこし絵本にする等、アニメーションからイラストまで幅広く創作活動を行っている。

◆授賞理由◆

審査委員長
「アニメージュ」編集長/松下 俊也

 全国知事会によって「地方分権」が叫ばれ、「地方から世界へ」という流れが形成されつつある昨今、加藤久仁生監督の受賞は「世界から地方へ」というまったく逆のコースを辿ることになります。しかし、そんな説明は実は後付けに過ぎず、受賞の本質とはなんの関係もありません。要するに、『つみきのいえ』が描いた孤独な老人の温かい記憶は、いま世界中の誰もが共感し、切実に希求しているものなのです。
 そして、加藤監督を個人賞に選出したのには、『つみきのいえ』という作品のすばらしさ以外にも大きな理由があります。『つみきのいえ』はインディーズアニメですが、加藤監督は“フリーの”個人作家ではなく、『ALWAYS 三丁目の夕日』などで知られる企画制作会社ROBOTが擁する「アニメーションスタジオCAGE」所属の社員クリエーターです。そのユニークな在り方は、個人アニメーション作家の新たな可能性として興味深いものであり、今後の活躍に期待する意味も込めて、今回の賞を贈らせていただくこととなりました。


アニメーション神戸賞・特別賞
「雪室 俊一」(作家・脚本家)

◆プロフィール◆

 1941年、横浜市生まれ。シナリオ研究所卒業後、松浦健郎氏に師事し、内弟子生活を送る。独立して日活の青春映画『あいつとの冒険』で脚本家デビュー。テレビドラマや構成番組を手がけていたが、先輩の紹介で書いた、ちばてつや氏原作の『ハリスの旋風』が大ヒットしたお陰でアニメシナリオの仕事が多くなる。
 『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『あかねちゃん』『若草のシャルロット』『キャンディ・キャンディ』『あずきちゃん』などの少女ものを中心に『もーれつア太郎』『天才バカボン』『ゲゲゲの鬼太郎』『ムーミン』『Dr.スランプ アラレちゃん』『とんがり帽子のメモル』『がんばれ元気』『キテレツ大百科』など多彩な作品を執筆。
 40年以上続いている長寿アニメ『サザエさん』では2,000本以上のシナリオを担当し、現在も毎週、作品を発表している。
 近年、自伝的エッセイ『テクマクマヤコン・ぼくのアニメ青春録』(バジリコ)を上梓した。

◆授賞理由◆

審査委員
「アニメディア」編集長/中路 靖

 『サザエさん』といえば、日本全国、老若男女、すべての世代に親しまれている国民的アニメ。1969年10月5日に放送が始まり、79年9月16日には最高視聴率39.4%を記録、40年以上続いて今に至っています。その『サザエさん』の制作ナンバー「1」番のシナリオを書かれ(放映「第1話」ではない)、現在も毎週脚本で参加されているのが雪室氏です。その脚本数は『サザエさん』だけでも2,000本以上!
 最近の話数で個人的に印象深かったのは、昨年の11月16日に放映された「サザエさん40周年記念SP」の中で雪室氏が担当された「母さんのふるさと」です。カツオとワカメが母さんの故郷を訪ねる話ですが、ゲストキャラとして登場する親子のドラマに剣道で勝負させる派手な演出も入り、「SP」にふさわしい満足感で気持ちがスカッとする仕上がりになっていました。視聴率も高かったので、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?
 毎週TVの前の視聴者を楽しませる脚本作りはまさにプロの仕事。『サザエさん』だけでなく、アニメ黎明期から数多の作品で力を発揮されている雪室氏ですが、この賞がこれからも世代を超えて視聴者を楽しませるエネルギーになっていただければ嬉しいです。


アニメーション神戸賞・作品賞(劇場部門)
「ウォーリー」

◆作品概要◆

©2008 WALT DISNEY PICTURES/
PIXAR ANIMATION STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.

 29世紀、人類がゴミだらけになった地球を捨てて既に700年…。
 廃墟と化した地球でただ一人、働き続けるオンボロのゴミ処理ロボット「ウォーリー(Wall・E)」は、ゴミの中から見つけたミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオを見ることが一番の楽しみ。
 そんな彼の前に、ある日、最新鋭の地球探査ロボット「イヴ」が舞い降りる。彼女に夢中になったウォーリーはイヴに懸命にアプローチ!しかし、二人の間に絆が芽生えかけた矢先、イヴに異変が起き、彼女はシステムダウンしたまま訪れた宇宙船に回収されてしまう。今や「ひとりぼっちじゃない幸せ」を知ったウォーリーは、「イヴを救いたい」という一心で宇宙船にしがみついた!

 「孤独」の反対は「愛」、そして「誰かと一緒にいること」というテーマを軸に、ファンタジー、SF、ラブ・ストーリー、ロマンティック・コメディの要素をすべて含んだウォーリーの冒険の、そして「イヴを救いたい」という想いの行方は!?

『ウォーリー』ブルーレイディスク(2枚組)発売中

◆授賞理由◆

審査委員
「週刊アスキー」総編集長/福岡 俊弘

 未来を描いたアニメで、これほど「切ない」思いを抱かせてくれる映画を知らない。人類が去って荒廃した地球という胸焦がす舞台設定。そこで展開するロボットの胸キュンなラブストーリー。が、物語はそこから大きく転換し、大冒険活劇へと、さらに「人類救済」という大テーマへと、ダイナミックなストーリー展開していく。
  SFアニメ好きでなくても、しびれるほどに胸ときめくスペクタクル。ウォーリーとイヴが手をつないで夕陽を眺めるシーンが、深く心に残る。すべての感情を、キャラクターのわずかな動きだけで表現する「繊細な仕事」。ハリウッドのもつCGの技術力を、惜しみなく繰り出してくる。さりげなく文明批判も織り込みながら、徹底的に超娯楽大作として、観客を「笑わせ」、「泣かせ」、「圧倒」する。SFの、アニメの、映画の楽しさがすべて詰まった作品。
 この映画が日本発のアニメでなかったのが、本当に惜しい(笑)。


アニメーション神戸賞・作品賞(テレビ部門)
「東のエデン」

◆作品概要◆

©東のエデン製作委員会
イラスト:羽海野チカ

 この国の“空気”に戦いを挑んだひとりの男の子と、彼を見守った女の子のたった11日間の物語。
 2010年11月22日(月)。日本各地に、10発のミサイルが落ちた。ひとりの犠牲者も出さなかった奇妙なテロ事件を、人々は「迂闊な月曜日」と呼び、すぐに忘れてしまった。
 それから3ヶ月。
 卒業旅行でアメリカに出かけた森美 咲(もりみ・さき)は、ホワイトハウスの前でトラブルに巻き込まれ、ひとりの日本人に窮地を救われる。
 滝沢 朗(たきざわ・あきら)。彼は記憶を失っており、一糸まとわぬ全裸の姿で、拳銃と、82億円もの電子マネーがチャージされた携帯電話を握りしめていた……。
 滝沢 朗とは何者なのか?謎の携帯電話の正体は?失われた、滝沢の記憶とは何だったのか?

◆授賞理由◆

審査委員
(株)角川書店 メディア局 局次長/矢野 健二

 日本のアニメーションの呼称が「テレビまんが」から、いつしか「テレビアニメ」にとって代わられた頃から、アニメは子ども向けの娯楽だけではなく、ティーンエイジャーが抱える問題に対する処方箋としての機能も獲得するようになりました。ベタな言い方をすれば「わたしたちはどう生きたらいいか」という問いかけに文学作品が応えようとしたのと同じ水準でアニメがつくられ、受け止められるようになったのです。
 しかし、その水準にとどまることに満足しなかったのが、神山健治監督でした。その最初のこころみが『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズと言えるでしょう。いわば『あしたのジョー』の「あした」を描こうという、無謀とも思える試み。その試みと企みは、『東のエデン』でさらに突き詰められてきたように思えます。王様のいない世界で「しかたなく」王子になった滝沢くんの物語はそのまま、本作を送り出した神山監督とスタッフの物語でもあります。チャンピオンが上がりを決め込んだこの世界で、チャンピオンになるにはどうすればいいのか。物語が完結する劇場版への大いなる期待をこめて、彼らの「あした」を見つめたいと思います。


アニメーション神戸賞・作品賞
(ネットワーク部門)
「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろーん☆ちゅるやさん」

◆作品概要◆

©谷川流・いとうのいぢ/えすおーえす団
©ぷよ/えすおーえす団
©えれっと/えすおーえす団

 「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」は、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ初の公式ギャグマンガのアニメ化作品です。爆走団長のハルヒにちょっとオタクになった長門、よりキュートで萌えっこキャラのみくる、そしてよりクールさが際立つ古泉に、ツッコミ担当のキョン…そんなSOS団はもちろん、朝倉涼子が幼児化したあちゃくらりょうこなどのサブキャラも交え、ショートストーリーで展開するまったく新しいハルヒワールドです。
 そして「にょろーん☆ちゅるやさん」は、同人誌で絶大な人気を誇っている癒し4コマ漫画のアニメ化となります。スモークチーズ大好きなちっちゃな女の子「ちゅるやさん」がにょろーんな感じでSOS団メンバーと繰り広げるシュールな日常芝居で、1人けなげにスモークチーズを求めるちゅるやさんもさることながら、いつもとまったく異なる雰囲気のSOS団にも注目です!

◆授賞理由◆

審査委員
「アニメディア」編集長/中路 靖

 アニメーション神戸のこの部門における過去の受賞歴をみると、意外なことに今回のようなタイプの作品は実はまだなかったのでした。TVアニメから劇場版というようなヒットの流れではなく、ネット配信。昔のように、TVの前で番組がはじまるのを待つかのごとく、配信を楽しみにしていたファンも多いのでは?
 「ハルヒちゃん」「ちゅるやさん」セットで受賞です!「ハルヒちゃん」は約5分、「ちゅるやさん」は約2分。短い時間の中で「涼宮ハルヒの憂鬱」で確立されたキャラが両極端なテイストで活躍します。ネタ勝負ではずさない、アニメの技法のオンパレード!ハイテンションな「ハルヒちゃん」、鹿威しのごとくやってくる「にょろーん」。そのギャグはどちらも「間」がすばらしく気持ちよく、声優さんの演じ分けも愉快。DVD版では高画質なので大画面のTVで見ても良い出来です。全部通して見るときちんと構成されていて、なるほど売れ行きが堅調なのも納得です。この部門では、ファンを、業界を「ほっこり」(!?)させる嚆矢となったのではないでしょうか。ちなみに未見の方は少しずつ見ることをお進めします。でないと頭の中に「ちゅるやさん」が住み着いてしまうかもしれません。


アニメーション神戸賞・主題歌賞
(ラジオ関西賞)
「Don't say “lazy”」(歌:桜高軽音部)

◆作品概要◆

©かきふらい・芳文社/桜高軽音部

 2009年4月からTBSほか全9局にて放送されたTVアニメ「けいおん!」(原作:かきふらい(芳文社「まんがタイムきらら」連載)のエンディングテーマ。 桜高軽音部のメンバー4人による楽曲で、メインボーカルは秋山澪(CV: 日笠 陽子)。他3人のメンバーもコーラスにて参加。
 【メンバー紹介】
  Guitar :平沢 唯(CV:豊崎 愛生)
  Bass :秋山 澪(CV:日笠 陽子)
  Drums :田井中 律(CV:佐藤 聡美)
  Keyboard:琴吹 紬(CV:寿 美菜子)
 オリコン週間ランキング2位を記録し、以後も好調に推移。累計18万枚のヒットを記録している。
2009年4月22日リリース
桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)]
CD発売元:ポニーキャニオン

◆授賞理由◆

審査委員
ラジオ関西「青春ラジメニア」パーソナリティ/岩崎 和夫

 正直に打ち明けると、この曲が選ばれて当然と思う反面、してやられたな、というひねくれた思いもあったりします。あまりに正攻法、あまりに当たり前、ファン投票を待つまでもなくアニメ本体を含めた人気ぶりは、みなさんよくご存じですから。そうなるとちょっと待てよ、と思ってしまうのがアニメファンだと思ってましたから(笑)。
  そういう思いを(?)乗り越えて、圧倒的支持を勝ち得た主題歌。アニメならでは、アニメ主題歌ならではの人気ぶり、と言えるのかもしれません。

第14回アニメーション神戸賞
対象・審査基準

アニメーション神戸賞 個人賞

 平成20年8月から平成21年6月の期間中に、日本でアニメーションの制作にかかわり、アニメーションの創作活動を豊かにし、斬新な表現や独創的な活動などを行うことによって今後の活躍が期待できる個人などに与えられる

アニメーション神戸賞 特別賞

長期にわたる活動によって日本のアニメーション界に貢献した個人・団体などに与えられる。

アニメーション神戸賞 作品賞・劇場部門

 平成20年8月から平成21年6月の期間中に、日本の劇場において公開・上映されたアニメーション作品、あるいはアニメーションを効果的に活用した作品を対象とする。 セルアニメーション作品、3Dアニメーション作品、CGを効果的に使用した作品、それらを複合的に活用した作品など表現手法は限定しないが、エンターテインメント作品に限るものとする。高い作品性、企画の新規性、オリジナル性、デジタル技術の応用などの新しい試みによる市場創造性を有する作品を特に評価する。また、国内制作・海外制作を問わないが、国内の人材育成に寄与する作品をより高く評価する。

アニメーション神戸賞 作品賞・テレビ部門

 平成20年8月から平成21年6月の期間中に、日本の地上波、衛星放送、CATVなどのテレビ用に制作・放送されたアニメーション作品、あるいはアニメーションを効果的に活用した作品で、再放送を除外した作品を対象とする。また、レギュラー番組・特別番組に加え、番組の一部として放送された作品も対象とする。 セルアニメーション作品、3Dアニメーション作品、CGを効果的に使用した作品、それらを複合的に活用した作品など表現手法は限定しないが、エンターテインメント作品に限るものとする。高い作品性、企画の新規性、オリジナル性、デジタル技術の応用などの新しい試みによる市場創造性を有する作品を特に評価する。また、国内制作・海外制作を問わないが、国内の人材育成に寄与する作品をより高く評価する。

アニメーション神戸賞 作品賞・ネットワーク部門

 平成20年8月から平成21年6月の期間中に公開されており、ネットワークメディアのインタラクティブ性を活かしたアニメーション作品、あるいはアニメーションを効果的に活用した作品を対象とする。 パーソナルコンピュータ、ゲーム機、携帯端末などのプラットフォームは限定しない。また、2Dアニメーション作品、3Dアニメーション作品、CGIやJAVAなどのプログラムを効果的に使用した作品、それらを複合的に活用した作品など表現手法は限定しないが、エンターテインメント作品に限るものとする。高い作品性、企画の新規性、オリジナル性、デジタル技術の応用などの新しい試みによる市場創造性を有する作品を特に評価する。また、国内制作・海外制作を問わないが、国内の人材育成に寄与する作品をより高く評価する。

アニメーション神戸賞 主題歌賞(ラジオ関西賞)

 平成20年8月から平成21年6月の期間中に、公開されたすべてのアニメーション作品の主題歌を対象とする。 テレビ番組中の一部のアニメーションで使用された曲やインストルメンタル曲、ゲームソフトの主題歌なども含む。一般投票を行い、得票数の多い5作品をノミネート作品とする。そのアニメーション作品のために作られ、作品のスピリットをストレートに歌い上げている曲をより高く評価する。